プロになって活躍したいならアンミュージックスクールへ!

教材

無理なく続けるために

ピアノ

自分にあった選択を

ピアノ教室に通おうと思った時には、まず下調べが重要です。まずは通える範囲の地域でピアノ教室を探してみましょう。何回も通うことになる訳ですから、あまり自宅から距離があると通うのが面倒になって中途半端に終わってしまう可能性があります。次にいくつかの教室に絞ったら、実際にそのピアノ教室を訪問してみましょう。多くの教室は体験レッスンや面談を行っていますので、先生に会って、その教室の雰囲気や先生の性格が自分に合うかを確認することが大切です。ピアノ教室は先生によって事前に準備するものも変わってきます。ピアノ教本等を自分で用意することが前提の教室や、ピアノ、もしくはキーボード持っていない場合、購入が必須といわれることがあります。ピアノ教室でレッスンを受けるだけでは無く、自宅での反復練習が上達には欠かせません。キーボードは数万から入手することができますが、ピアノは中古品であっても相場は10数万からと高価なものです。楽器店と懇意にしている先生もいるので、相談すれば的確なアドバイスをもらえますし、購入に際し楽器店に話を通してくれることもあります。次に大切なのは費用です。入会金やその他が必要な教室もあります。また、レッスン代を確認することも必要です。多くの教室は週1回で月4〜5回というところが多いですが、個人教室の場合は様々です。自分の納得できる回数とレッスン代であることが長く続けるためには重要なことです。